V2.0

2024.6.21(Fri) - 7.6(Sat) / 12:00~19:00 

2024年6月21日(金)から7月6日(土)までの期間、オランダ出身のアーティスト Sander Wassink(サンダー・ワッシンク)による企画展「V2.0」を開催いたします。

サンダー・ワッシンクは、日本とオランダを拠点に活動するオランダ出身のアーティスト・デザイナー。デザインアカデミー アイントホーフェンを卒業後、同校を始めとする様々なデザイン機関で教鞭を執ってきました。

ワッシンクの制作は、デザインのみに焦点を当てるのではなく、創造的なプロセスの意味機能や素材を組み合わせて新たな形やアイデアを生み出し、それらの研究、調整、共同作業を反復します。過程を他者と共有する彼の手法は、日々有機的に進化をしています。

本展では、参加作家として4名のクリエイターを迎えます。スキーマ建築計画代表の長坂常、オランダのプロダクトデザイナー ヨブ・ヴァン・デン・ベルグ、スペインのアーティスト ルーカス・ムニョス、そして本展のキュレーションを担当するRondadeの佐久間磨。

ワッシンクがデザインした椅子の構造パーツを、様々な背景を持つプロフェッショナルに提供することから、このプロジェクトはスタートします。 彼らは与えられた共通の構造部を使用し、それ以外の要素をデザインして個々に椅子を制作しました。

異なるアプローチから生み出される5つのユニークな椅子のコレクション。 これらの作品には、持続可能性、コラボレーション、素材の特性、工業プロセス、構成、そしてモノづくりの喜びに対する彼らの考えが反映され、 5人のクリエイターの多様な視点が体現されています。

サンダー・ワッシンク|Sander Wassink
サンダー・ワッシンク(1984)は、日本を拠点に活動するオランダ出身アーティスト / デザイナー。絶え間ない建設と生産の中で、サンダー・ワッシンクは、廃棄され、放棄され、残されたものに焦点を移し、それらの可能性を再構築することを目的とする。部分的に取り壊されたビルのファサードであれ、過剰生産文化から生まれた日常の残骸であれ、ワッシンクは発見され評価されるのを待っている未開発、未知の形態と美を探求している。作品は、ニューヨークのMoMAやロッテルダムのボイマンス・ヴァン・ベーニンゲンなど、世界中の美術館に収蔵されている。https://www.sanderwassink.nl/

キュレーション:Rondade
佐久間磨| Osamu Sakuma
さまざまなアートフォームを創造の初期衝動に立ち返り、既成の枠にとらわれない形と方法で具現化することを目的にRondadeを設立。『冨井大裕 : 関係する / Interact 』、伊丹豪 『photocopy』、Buku Akiyama 『Composition No.1–10 and the derivatives, 2001–2016 』、澤田育久『substance』などのアートブックや写真集を出版。空間、アートブックのディレクション、キュレーション等活動は多岐にわたる。
http://www.rondade.jp/