Rhoikos&Theodros “(PLACE)” Theme 001 : Jens

2020.6.19 (Fri) - 7.5 (Sun) / 12:00 - 19:00 

Rhoikos&Theodros(ロイコスアンドテオドロス)は、既存のモノ・空間を変容させ、その鑑賞によって新たな発見を促すアートユニット。Jensのデザイナーである武藤亨と、プロダクトデザイナーの小宮山洋によって、2020年にスタートしました。個々の感性を活かし合う創作方法を重視し、他の組織・個人の活動を作品に取り込むことで生じる関係性を、空間やモノに拡張しながら、新たな意味・体験の創出を試みています。

本展は、Jens のこれまでのアーカイブに着想を得て、Jensの展示空間で重要な役割を果たす「28mm径のパイプ」の什器に着目。ただの ”什器” と認識していたパイプが、展示空間の中でインテリアの一部・プロダクト・彫刻・絵画とその姿を拡張させていく表現は、鑑賞者が理解していたはずの意味や本質を溶かすように、モノや空間を新たな視点・感覚から捉え直す機会となります。

会場では、新型コロナウイルス感染症拡大防止に細心の注意を払い、対策を強化しております。 (PLACE) by method及びCIRCLEでは、会期中の日曜日に「無人展示」を実施いたします。会場にご来場頂く皆さまにはこちら をご覧頂き、ご理解とご協力のほどお願いいたします。

art work