AKIHIRO KUMAGAYA “OBJECTS”

2021.7.7 (Web) - 7.24 (Sat) / 12:00 - 19:00

デザイナーとして、グラフィックやプロダクト、空間デザインなど、独自の視点と考察からリサーチ・コンセプトメイキング・プランニングをはじまりとした統合的なデザインとディレクションを手掛けている熊谷彰博。

とるにたらないものの収集を集めた無印良品 池袋西武 企画展「STOCK 展 - 気づきを、備える」(2015)以来、人と物のつきあい方、物の価値が変わることを探求してきた熊谷彰博による、初の個展です。

【本展における、新型コロナウイルス感染拡大予防および、拡散防止対策について】

周縁を微かに

“西日本の弥生土器は縄文を持たないのが普通であるが、関東地方は縄文をもつものが目立つ”*
ある周縁は隣接する周縁と衝突、受容、融合が起こる。

文化の周縁から着想を得て、物の周縁に転用する。
輪郭へ投影された概念、素材の肌理、環境の構成から微かな情報を抽出。

物はゆらぎ、知覚や記憶を媒介する。

*東京大学総合研究博物館「関東地方の弥生土器」

木目版画

(PLACE)by method

〒150-0011 東京都渋谷区東1-3-1 カミニート14号

google