Sae Honda "Anthropophyta / 人工植物門"

2022.1.14 (Fri) - 1.29 (Sat) / 12:00 - 19:00

オランダ・アムステルダムでコンテンポラリージュエリーを学び、コンセプチュアルでありながら、美しいジュエリー作品を発表している本多沙映。

彼女が、プラスティグロメレート(Plastiglomerate)という新種の石にインスピレーションを得て、街中に落ちているプラスチックゴミなどを材料とするアートプロジェクト「EVERYBODY NEEDS A ROCK」(2016〜)で生み出した、唯一無二の色柄を纏った人工石の作品は、アムステルダム市立美術館に永久所蔵されるなど、国内外で評価が高まっています。

一方、部屋の片隅や街角で、水も光も求めず静かに佇む「造花」は、天然植物のように科学的な研究や観察をされることなく、密やかに、そして確実に我々の日常の中で繁殖し続けています。そんな未開の植物群に興味を持った彼女は、独自に身の周りの造花の採集・観察を始め、造花の工場が集まる中国・広州へと渡りました。

その後「造花が植物学上で正式に植物と認められた」という、架空のストーリーから始まるセミフィクションの植物図鑑『Anthropophyta / 人工植物門』が、2020年にtorch pressより刊行。

本展では、同書の世界観をさらに発展させ、突き詰めて造花の観察を記した写真作品や、造花を材料として扱い、立体作品に昇華させた最新作のオブジェクトシリーズの他、アーカイブコレクションやジュエリー作品を展示・販売します。

プラスティックという現代社会における環境問題の観点からは忌避される素材に対しても、美意識を持って向き合う姿勢と豊かな想像力は、私たちに新たな視座を与えてくれます。

BOOK:Anthropophyta / 人工植物門

「人工植物が植物学上で正式に植物と認められた」という架空のストーリーから始まる、虚実を織り交ぜたセミフィクションの植物図鑑『Anthropophyta / 人工植物門』 。

出版元:torch press  仕様:140 x 190mm / ソフトカバー / 176P

 

Leaf specimens of Anthropophyta
書籍に登場する、本多がこれまで採集してきた計100 枚の造花の葉っぱの標本「Leaf specimens of Anthropophyta」には、それぞれの葉っぱの収穫場所などの情報や、観察文が並びます。

Micrograph of Anthropophyta
造花の葉っぱを顕微鏡を通して撮影した写真作品シリーズ「Micrograph of Anthropophyta」。人工物である造花のミクロな空間を拡大し、観察して見つけた新しい世界の記録です。

Crafting with Anthropophyta
造花をクラフトの材料として扱い、加工を施したオブジェクトシリーズ「Crafting with Anthropophyt 」は、造花の特性を自らの手を使いながら研究し、ユニークな加工技法を模索して生まれた成果物です。



アーカイブコレクション
本展メインコレクション「Anthropophyta / 人工植物門」の他、代表作「EVERYBODY NEEDS A ROCK」をはじめとする作品や、新作のジュエリーを販売予定です。

EVERYBODY NEEDS A ROCK2016 – on going
プラスチックゴミと自然物が熱によって溶け固まり生成された、プラスティグロメレートという新種の石に着想を得て、街中に落ちているプラスチックゴミなどを採取し、材料にしている。

Future Primitive 2017
「EVERYBODY NEEDS A ROCK」プロジェクトの人工石を使ったジュエリーシリーズ。既存の古典的な装身具やアミュレットなどのデザインを再解釈・編集した動物モチーフが組み込まれている。

Tears of the Manmade2021
自然の模倣という枠を越えて、人工だからこそできるユニークな形を探求してできた硝子真珠のジュエリーコレクション。

本多 沙映 Sae Honda
https://www.saehonda.com/